TEL 053-449-0159

お問い合わせフォーム

ソーラーカーへの道程

TOP

HOME

日記

2012.09.21

放射線量マップ作成 東日本方面(東北、関東)

日記2012.08.31に続いて

実際に各地(東北方面)を車で走りながら放射線量を測定し、放射線マップを作ってみました。

Google マップに計測点のプレイスマークを重ねて表示させます。

放射線量ランク別に色の違うプレイスマークを使用し、一目でホットスポットが分かるようにします。

ガイガー管を使用し、主に車内計測。

GPS付の放射能測定&ソーラーシステム管理装置(自社製)

筒状のモノは、放射線を計測するためのセンサユニットです。

取扱説明書 日本語 中国語

回路図 日本語 英語

表計算ソフト(OpenOffice.org Calc)で蓄積したデータを表示
CSVファイルからGoogle MapsやGoogle Earthで取り込みできる地理情報KMLファイルへ変換します。変換ソフトは、自社で製作しました。

放射線量ランク分けし、違う色のプレイスマークのアイコンを使用するようにしました。

GPS情報で、近いエリアのデータが続く場合は、プレイスマークが多くなり過ぎて表示が遅くなりますので、設定された間隔で間引きます。近いエリア内で放射線量が高いデータは、残します。

地理情報KMLファイルは、Googleマップへインポートできます。
放射線量のランク別にプレイスマーク(アイコン)の色を変えており、HTTPS接続からHTTP接続で外部参照するため、左のような警告が表示されますが、いいえをクリックしてください。はいの場合は、プレイスマークの表示ができません。
WEB埋め込みをしてみました。

写真モード

地形モード

山や、盆地が影響するかなど調べられます。

2012/09/10

浜松→安曇野

安曇野や松本の周辺で放射線量が、0.185〜0.222μSv/hと他より高い場所がありました。

2012/09/11

安曇野→新潟方面

2012/09/12

新潟→山形方面

2012/09/13

秋田方面

玉川温泉には、特別天然記念物に指定されている北投石という微量の放射線を発する鉱物があります。

微量の放射線は、免疫を高める効能があるらしく、岩盤浴にいらっしゃる方が多いです。

車外に持ち出しし、岩場にガイガーカウンタを近づけてみると、0.796μSv/hと、高くなりました。

周辺でも0.2μSv/hを超える箇所がありました。

2012/09/14

秋田方面

2012/09/15

秋田→青森津軽半島方面

2012/09/16

津軽半島→陸奥湾方面

2012/09/17

青森下北半島方面

2012/09/18

青森十和田湖方面

2012/09/19

青森→岩手方面

2012/09/20

岩手 釜石→大船渡→陸前高田→気仙沼

2012/09/21

宮城・福島方面

石巻→仙台→相馬

2012/09/22

福島方面

原発事故の影響で放射線量が高い地域があります。

南相馬の西側、飯舘村の周辺では、0.898μSv/hを記録しました。この辺りは、0.5〜0.8μSv/h以上の所が多くありました。
ニュースなどで発表されているように福島原発の北西方向が特に放射能汚染が酷いようです。
2012/09/23

茨城方面

日立→水戸→成田

2012/09/24

神奈川→静岡

μSv/h換算係数は、ガイガー管メーカーのデータシートより、設定していますが、

正確に校正してμSv/h換算されたものでは、ありませんので、概算値とお考えください。

 

ソーラーカーへの道程topへ戻る