コンピュータ・ネットワーク生産管理システム事例




■生産・稼働管理システム



■生産・稼働管理システム導入の効果

・現状

・導入後


1.配線方法

2.稼働計画面の説明

時間:
現在の時間を表示します。
品名:
あらかじめ登録した品名のなかから、これから加工する製品名をカーソルキーで選択します。
作業者:
あらかじめ登録した作業者名のなかから、カーソルキーで作業者の名前を選択します。
良品生産数:
1日の作業の終了時、又現在の加工作業が終了した時に、作業者が良品の数を数字キーから入力します。
不良発生数:
1日の作業の終了時、又現在の加工作業が終了した時に、作業者が不良品の数を数字キーから入力します。
稼働数:
機械が動作した回数を表します。プレス機の場合、1回プレスするたびに1つ増加します。(機械起動中は数字が反転表示致します。)
停止要因:
停止要因スイッチの押された内容を表示致します。(停止要因釦の入力要求時、反転表示致します。) 

3.稼働計の特徴


4.稼働管理に役立つ情報
(1)稼働グラフ

(2)稼働状況確認

(3)停止要因パレート図


ホームページへ

E-mail:nc@ncsys.co.jp


エヌシー株式会社
代表 中島 元治
〒432−8065 静岡県浜松市南区高塚町1909
TEL 053−449−0159
FAX 053−448−9165